「木製アウトレット再生工場Yahoo店」オープンしました!

↑サイト内記事検索↑

2014年に入ってからなにやらAmazon店やら独自ショップの記事をいくつか書いて
きましたが、2014年1月28日、待ちに待ったYahoo店をついにオープンできました!

木製アウトレット再生工場Yahoo店

まだ細かいとこまで手が回ってませんが、とりあえず体裁を整え、商品をアップし、
新規出店の販促サービスを利用して、なんとか販売をスタートしました!

1月28日に開店してから3日後の1月31日に無事初注文も頂き、その後も注文数、
訪問者数とも順調に伸びています。さすがYahoo!といった感じの集客力です。

ちなみにお店を開く側として今のYahooショップのメリットはこんな感じです。

  1. 出店料、月額使用料、売上マージン全部ゼロ。
  2. 豊富な決済方法&それを代行してくれるサービス。
  3. すぐにYahoo検索に引っかかるようになる集客力。
  4. カンタンに始められる豊富な販促ツール。

今のところ僕が気づいた範囲ではこんな感じですかね。

1は2013年11月に孫正義社長が「無料化」を打ち出して話題になり、
「これは!」と思ってすぐに先行申し込みして首を長くして待ってました。

先日の記事に書いたように、楽天はとにかく固定費用が大きな負担になります。
数十万円の出店料、毎月数万円~数十万円の月額使用料、さらに数%の売上マージン。

Amazonは固定費用が数千円程度で済む分、売上マージンを大きく取られます
ただ、注文処理や運営自体は比較的カンタンなので、運営はしやすいです。

それに比べてYahooショップは言ってみれば固定費用ゼロ、売上マージンもゼロ
かかる費用は決済代行手数料数%程度。固定費ゼロで、売れた分だけ決済代行
手数料を少し払えばいいので、運営リスクはかなり小さいと言えます。

2はクレジット、コンビニ払い、ケータイ払い、モバイルSuica払いなどなど、
便利な決済機能を手軽に安く使えます。実際、すでに受けた注文の中には
クレジット、コンビニ払い、ケータイ払いを利用した注文がすでにあります。

また、「Tポイント」を全面的に採用してるので、Tポイントを付けるパーセンテージ
を上げればそれがそのまま販促となります。そのTポイント費用はお店負担に
なりますが、売れた分にだけTポイントを付ければいいのでリスクは低いです。

それと、楽天・Amazonではまだ禁止されている外部リンクがOKになったのも大きく、
これで独自ショップやブログとうまく繋げて運営することもできるようになりました。

まだまだ立ち上げたばかりですが、この「木製アウトレット再生工場Yahoo店」
これから立派なお店へと作り上げていって見せます!

N野

No Comments

コメントを残す