工場の端材を再生させた「木質チップ」の販売始めました!

↑サイト内記事検索↑

先日2014年2月4日に、ネットショップでお買い上げいただいたお客様から
一通のメールをいただきました。その中に、こんな一文がありました。
2月7日の記事最後で少しだけ触れました。)

木のチップの製造はされていませんか?
今はチップの購入がなかなかできずに困っています。
我が家では保護犬のドックランに敷いています。

「ドッグラン」という言葉、僕は初めて聞いたのですが、犬を遊ばせる時に
庭に敷いたりして使うもののようですね。

それを親父に話すと、うちの工場で木材を加工する時に出る「端材」を回収
してくれる資源再生施設」に相談してみたらどうか、と提案を受けました。

すぐに連絡してみました

いつものごとくすぐに連絡してアポを取り(この辺の行動はいっつも早いですw)、
何度か足を運んで相談を進めて来ました。再生資源をより幅広く世の中のお役に
立てれるかもしれないという話に、担当者の方も積極的に協力してくれました。

2014-02-21 09.35.35

とっても大きな処理施設で、うちのような工場の端材の他、建築材や家屋解体後の
廃材などがここで再生処理されます。そして、発電所の燃焼原料となったり、
家具用のパーティクルボードの原料として使われたりします。

また、庭に15~20cmなどと厚く敷き詰めると雑草が生えにくくなるようで、
実際にここで再生されたチップが近くの観光施設でたくさん敷き詰められていました。

2014-02-21 14.31.11 2014-02-21 14.29.41

このチップの有効利用、うちの端材を再生して新たな資源とし、その再生されたチップ
をうちから再度世の中へ送り出す、これこそまさに「再生工場」です!ここ2週間、
これを実現させたくてずっとあれこれ頑張ってました。

そして、ついに販売開始しました!

今日の朝6時から昼過ぎまでぶっ続けで頑張って、本店Yahoo店Amazon店
それぞれのお店で同時デビューを果たしました!

これが資源再生施設の木質チップ4種類。細かいものから大きめのものまで、
いろんな用途に使えそうです。

木質チップ おがくず

木質チップ ダストチップ

木質チップ ボード用原料チップ

木質チップ コロコロチップ

さらに、チップのサンプルを持ってうちの工場内をウロウロしていたら、 兄から
「これも使えるんじゃないか?」と、工場での木材加工時に発生する 「削りくず」
も有効利用できるんじゃないかと声をかけられました。

そして今度はそれを見ていた職人さんから、「もっと細かいのこぎりくずもあるぞ」
との声が...みんな僕の行動に共感してくれてるようでホントうれしいです!!

これがうちの工場のおがくず。僕は昔よくカブトムシを飼う時にこれを使ってました。

木質チップ 削りくず

木質チップ のこぎりくず

ちょっと残念なのが、デビューさせる前日に運送屋さんから運送料大幅値上げの話が
挙がったことです。そのリスクを考えて価格を低く設定することができませんでした。

運送屋さんもガソリン代の上昇などで大変なようですし、運送料値上げはうちにとって
とっても大変なことなので、この辺はまた状況を見ながら随時調整していこうと思います。

お客様の一言から始まったこの計画、とりあえずここでひとつの形になりました!

もっと幅広く大勢の方に有効利用していただけるよう引き続き頑張っていきます!

N野

No Comments

コメントを残す