「木製アウトレット再生工場」販売個数ランキング~1回目~

↑サイト内記事検索↑

2013年の終盤頃からAmazonでの販売を始め、2014年1月にネットショップ
本店をリニューアルし、さらにはYahoo店をスタートさせました。

改めて振り返ってみるとたった2ヶ月ちょっとでものすごい勢いでガンガン
攻めてきたなと思いますが、今日ふと思いついたのでここでちょっとその
2ヶ月ちょいの販売個数のランキングをまとめてみようと思います。

こういうのって本来1年とか区切りのいいところでやるんでしょうが、
自分も知りたくなったので今日やっちゃいます。せっかくYahoo店オープン
したばっかりなので、今回の商品紹介はYahoo店のページで。

まずは同数8位の3商品たち ×各8個

みかげ石もちつきお手軽セット 1升用
合竹製 マガジンラック
薪・焚物 細木 14kg以上

小さめの家庭用石臼と杵のセットは、1月前半に集中して出ました。
合竹製のマガジンラックはこれは意外や意外、大検討してくれました。
そして親父との合作で始めたこの焚物!いろんな形状を合わせてカウント
しましたが、重量で言うと約150kgもの端材が全国で活躍してくれました。

5位=引き出したくさんチェスト95cm幅 ×9個

引き出したくさんチェスト95cm幅

もともと大手通販へ販売していた商品ですが、途中で販売がほぼ打ち切りになり、
うちが大量の在庫を抱えてしまいました。大きくて場所を取る商品なので、重点販売項目
の1つです。これから無い頭を絞ってどうやって販促かけていこうかというところです。

4位=新ヌードルメーカー パスタセット付き ×11個

新ヌードルメーカーパスタセット付き

数年前けっこう売れそうな感じで輸入したのですが、同時期に他社が一斉に類似品の販売
を始め、価格が一気に崩れて苦い思いをした商品です。それからなかなかうまく 売れま
せんでしたが、メーカー直販で低価格販売が実現できたこともあって、売れ始めてきました。
ちなみに外国人の方もけっこう買ってくれてます。
(もとは10個でしたが、この記事を書き終わる前にもう1個注文来ました!)

3位=木の湯3点セット ×13個

木の湯3点セット

すでに20年近くなるロングラン商品で、相変わらず根強い人気を誇ります。
ちなみにこの商品、うちから買ったお客さんがアメリカなど海外へも販売してます。

けっこう売れるし、そろそろモデルチェンジしなきゃということで、1週間前に
新木の湯3点セット」を「新製品モニター販売」コーナーで3種類販売開始しました。
ちょうど今日初の注文をいただき、親父がとっても喜んでました。
ちなみにすでに次のシリーズも考案中です。

2位=桐製サイドテーブルワゴン ×14個

桐製サイドテーブルワゴン

これも5位の引き出したくさんチェストと同様、途中で販売が打ち切られたものです。
欠品するとペナルティ取られるし、こっちも商品を準備するのに時間がかかるので、
どうしても在庫を多く持っておかなければならないのです。それが途中で打ち切ら
れてしまうともうとっても困ってしまいます...。

1位=桐製フラップ付きTV台ローボード ×24個

桐製フラップ付きTV台ローボード

堂々のダントツ一位は彼です!写真も商品も価格もいいので特に販促かけなくてもいっぱい
売れてくれます。おそらくそう長い時間もかからずに販売完了になるでしょう。

 

ちなみに1位、2位、5位がどれも家具類です。どれも大手通販へ販売していたものが
途中で販売が打ち切られ、いわゆる「不良在庫」となっていたものです。正直、今でも
たくさんの家具たちが倉庫いっぱいに置いてあります。

彼らをどうにかしてあげたいという思いから、今のネット販売が始まりました。

幸いここまで順調に販売が進み、本店だけでなくAmazon店、Yahoo店と販売の舞台は
整ったので、これからもっとがんばって彼らをどんどん全国へ送り出してあげたいです。

また、今まで廃棄するしかなかった「端材」たちも、「薪・焚物」として全国で活躍
できるようになりました。最近は、すでに2回購入してくれたお客さんから木の「チップ」
の問い合わせがあり、もしかするとさらに資源を有効活用していけるようになるかも
しれません。こちらは今進行中なので、いい結果が出たら改めてここに書きます。

商品を梱包するダンボールも、お客さんへ説明文書を書いて理解を求め、違う箱を
再利用したりもしてます。また、現場の職人さんたちからも、「ここにこんなのがあるぞ」
「これはまだまだ使えるぞ」という言葉が毎日のように飛び交うようになりました。

最近、まさに「再生工場」らしくなってきた感があります。

今のところ広告費や新たな出費はかけず、1人で何とかここまで運営できてます。
ただの田舎の小さな工場ですが、もっともっといろんな価値を創造して、
うちのアウトレット品たちをより多くの方々の手元で活躍させてあげたいです。

N野

No Comments

コメントを残す