「ランサーズ」で受けたクラウドソーシングの初仕事を、僕はこうやって完成させました。

↑サイト内記事検索↑

株式会社コンセプト

昨日 クラウドソーシングサービス「Lancers」で受けた初仕事を行いました。
「ランサーズ」で受けたクラウドソーシングの初仕事をしました。参照)

株式会社コンセプト」さんの「Easy Made Tablet Solution」という
サービスのパンフレットを中国語に翻訳するお仕事です。

この「Easy Made Tablet Solution」というのは、お客様からの要望に合わせて
様々な機能を組み合わせ、「スライドショーに”+αの機能”を持たせた
セミオーダーメイドのタブレット専用アプリケーションを制作するサービスです。

EasyMadeTabletSolution

こんな感じに、パンフレットを全部中国語に、しかも「イラストレーター(Illustrator)」
を使って、AIファイルとPDFファイルでの納品です。幸いというか、昔からちょこちょこ
イラストレーターをいじってた経験があったので、何とかうまく対応できました。

ただ、専門用語や独特な言い回し、セールスの謳い文句などがいっぱいあったので、
思ってた以上に一文一句の翻訳に時間がかかってしまいましたね。

「商品の内容がどのように伝わるかを左右する」、大事な大事なパンフレットですから。

例えばこれ、最も大事なサービス名、タイトルの部分です。

EasyMadeTabletSolution

 

「イージーメイドタブレットソリューション」を単純に直訳してしまうと、
「簡単にできるタブレットの解決方法」ってな内容を中国語にすることになります。

これではせっかくの良いサービスなのに全然インパクトを持たせることができません。

そこで僕は自分の考えを依頼者さんと相談し、簡単な英単語である「Easy Made」を
そのまま残し、その後ろに「タブレットをあなたの携帯セールスアシスタントへ変えます」
といったキャッチフレーズを並べる手法を取りました。

それに今中国でよく使われる単語を適用して上の中国語になり、おかげさまで
依頼者さんの同意を得て採用(まだ仮採用かな?)して頂きました。
(※後日正式に採用していただきました!!)

Lancers.jp

他にも、「SFA」「AR」「スクラッチ」などの専門用語の翻訳も苦労しました

Wikipediaや検索サイトなどを駆使して まずは用語を理解し、そこから
中国のサイトで適切な中国語を見つけたり、いっぱい勉強もしました。

しかもこれ、「こんな感じかな」ではダメで、必ず「これが的確だ」と
確実に判断できるところまで突き止めなければなりません。

いやいや、翻訳ってやっぱ大変だなと久々に強く実感しちゃいました。

 

まぁそんなこんなで、今回はいろんな経験とスキル、そして労力を
存分に駆使してお仕事を完成させることができたわけです

これからももっともっと依頼を受けて誰かのお役に立っていきたいです。

N野

No Comments

コメントを残す