飛躍の年、2014年を振り返って

↑サイト内記事検索↑

飛躍の年となった2014年を終え、2015年を迎えて早1週間が経ちました。

2014年の1月、僕はこのような目標を立てていました。

  1. ネットの売上を含め、「一年間通しての」会社の売上&利益を向上させる。
  2. 工場と倉庫を整理し、作業しやすく在庫置き場を確保できるよう改善する。
  3. 特許と意匠登録を自分で申請し、自社製品の攻撃力&防御力をアップさせる。
  4. 積極的に動き、実家での活動の基盤を作り上げる。

一年間の総括を含め、ひとつひとつ振り返ってみたいと思います。

1.ネットの売上を含め、「一年間通しての」会社の売上&利益を向上させる。

これは達成度1000%といっても過言ではないくらい良い成績を残せたと思います。

思い返してみると2014年の1月は、Amazonと自社ショップのみでのスタートでしたが、
そこからYahoo店をオープンし、楽天店もオープンし、試作品・サンプル品コーナーや
新製品モニター販売コーナーを作ったりと、次々と仕掛けまくっていきました。

終わってみると、2014年1年間を通しての売上は、当初想定していた10倍以上の
数字を叩き出すことができました。我ながらよく頑張ったと思います。

2.工場と倉庫を整理し、作業しやすく在庫置き場を確保できるよう改善する。

そもそもなぜメーカーであるうちがネット販売を始めることになったのかというと、
「不良在庫の整理」が一番の目的、っというより急務だったからです。

たくさんの製品が工場や倉庫に溜まって、スペースだけでなく資金をも
大きく圧迫していたので、何とか解決しなければいかなかったんです。

これも達成度500%と言ってもいいくらい成功しました。
とにかくほぼすべての製品が動くようになり、完売する製品も続出しました。

在庫が減ってスペースができたので、その分在庫管理も作業もしやすくなり、
現場のみんなの効率改善にも大きく貢献できたと思います。

3.特許と意匠登録を自分で申請し、自社製品の攻撃力&防御力をアップさせる。

これも達成度200%くらいと言えるでしょう。
ただただ親父の開発力と職人さんの技術力に脱帽です!
自己申請挑戦初年度にして、数々の新製品の意匠登録を取得できました!

どれも今までどこも開発したことのなかった新しい製品で、特許庁の
お墨付きをもらうことで今後も自分たちの製品をしっかり守りながら
力強く販売することができるようになりました。

2014-04-22 18.34.55

outlet-woodgoods_m001_2

outlet-woodgoods_m014

4.積極的に動き、実家での活動の基盤を作り上げる。

これは仕事ではなく私生活についてですが、こちらも達成度100%くらいと言えるでしょう。

今毎週のように楽しんでいるバスケもピアノ教室も、一緒に出かけるグルメ友達も、
一年前の今頃はまだ知り合ってすらいませんでした。一年間を通して多くの方々と
知り合うことができ、生活に彩りを添えてもらうことができたと思います。

総括--2014年を振り返って--

振り返ってみると、2014年は新たなものをたくさん築き上げた、まさしく飛躍の
一年になりました。今の僕の生活は、一年前の今頃には存在しなかった、
新しく築き上げた土台の上に成り立っていると言えます。

見るもの、触れるもの、聞こえてくるもの、そのひとつひとつを素直に
ありのままに受け止め、そのひとつひとつに対してすぐに行動を起こしました。
そして、次々と新しいものを生み出すことができました。

その中でもうれしい成果の数々

まずは、工場の至る所に存在していた「もったいない」を「有効利用」しました
捨てるしかなかった端材を「焚物」という商品にし、あちこちに眠っていた
サンプル品や試作品も次々と新たな活躍の舞台へと届けてあげることができました。

また、うちがもつ開発力と技術力を大きな「武器」へと変えることができました
ネット販売でメーカー直販することにより、製造コストが高くても流通コストを
省くことができるので良いものを手頃な価格で販売できるようになりました。

さらには中国の協力工場や日本のお客さんが抱えていた、他の会社の不良在庫まで
うちが販売するようになりました。しかもちゃんと適正な価格で買い取っています。

この動きがちょうどよいタイミングに当たり、円安が著しい今の時期(2015年1月現在)、
為替の影響を受けにくい自社製造品や在庫品の販売は、とても有利な武器になっています。

2015年の目標

そういえば今気づきましたが、全然余裕なくてまだしっかり考えていませんでした...。
こちらはまた後日書きます。

とりあえず引き続き全力疾走&完全燃焼でがんばっていきます!

N野

コメントを残す