iPhone 5Sの「テザリング機能」でiPhoneをWIFIルーターのように使えます。

↑サイト内記事検索↑

2013年11月、長年滞在した中国から実家の新潟へ戻ってきた時に、
まずは携帯電話を含めた「ネット環境」を整えることが必要でした。

それまで日本の携帯電話はすべてのオプションを外して基本使用料762円で、
必要な時のためにとりあえず持っていたという感じでした。

その2013年11月当時のネット環境及び自分の希望はこんな感じでした。

  1. 自宅にはWIFIあり、工場には有線LANのみ
  2. ケータイはネット接続不可(すべての機能を外し、月額基本料762円)
  3. 中国のケータイは海外ローミング高すぎるのでWIFIが頼り
  4. できれば自宅以外でもどこでもネットできるようにしたい
  5. 海外から友人が来た時に快適なネット環境を提供してあげたい

ということで、その時は「WIFIモバイルルーター」を契約するのが最適だと
考えていました。どこへでも持ち運ぶことができ、携帯、パソコンなどを複数台
いつでもどこでもネットに繋ぐことができるからです。

先日実際に、WiMaxとイー・モバイルの2社のWIFIモバイルルーターを試してみました。
「Try WiMAXレンタル(15日間無料)」でWiMAXの電波状況を実際に試してみました。」
「イー・モバイルの「試験機(デモ機)」でイー・モバイルの電波状況を実際に試してみました。」

その後年末の繁忙期で現場仕事に飛び回っていて、特に必要にも迫られなかったため
実際に契約はしてませんでした。また、日本と中国のケータイを持ち歩き、さらに
もうひとつモバイルルーターを携帯しなければならないことにやはり抵抗がありました。

しかし年明けからネット販売を強化したため、さすがに外出先でネットに繋げない
のが大きな障害になり始めたので改めてどんな方法が最適なのか検討してみました。

その結果、iPhone 5Sを選びました!

一番の決め手は「テザリング」機能。言ってみれば、これを使えばケータイ
そのものをモバイルルーターとして使うことができます。設定もカンタン。

「設定」⇒「インターネット共有」⇒「インターネット共有をオンにする」だけです。

これでこのiPhone 5SからWIFI電波が飛ぶようになるので、あとは受信側の機器で
そのWIFIを検知し、パスワードを入力すればカンタンにネットに繋がります。

iPhone5Sデザリング設定画面
(※灰色部分にはケータイで設定している名前とパスワードが表示されます)

これで、当初僕が望んでいた、

  • 中国の携帯は海外ローミング高すぎるのでWIFIが頼り
  • できれば自宅以外でもどこでもネットできるようにしたい
  • 海外から友人が来た時に快適なネット環境を提供してあげたい

を、すべて解決することができました!

あと、カメラが高性能なのも大きな魅力です。ネットショップの商品撮影も今では
すべてこのiPhone 5Sを使い、Dropboxで共有してパソコンへ飛ばしてます。

しかも何を使っても動作が速いので、操作がスイスイ進んで気持ちいいです。

ちなみにこの「テザリング」機能、中国にいる時はすでに使っていたのですが、
日本ではまだそんなに普及していないようですね。まぁこれが普及してしまうと
ネット契約件数が減るのが目に見えているのであえて抑えているのだとは思いますが。

これで自分も快適なネット環境を整えることができたし、海外から友人が来た時にも
どこにいても「微信(WeChat)」や「QQ」で日本のおいしい料理やきれいな風景を
リアルタイムで海外の友人とも共有してもらうことができるようになりました。

テザリングは電池の消耗が激しいので、あとは車載充電器を購入しておけばOKかな。

ただ、便利になったせいで小まめにメールチェックするのがクセになっちゃいました...。

N野

コメントを残す