中国の友人の目に映る“日本風”酸辣湯麺(サンラータンメン)への評価。

↑サイト内記事検索↑

今日は新潟大学前の坦々麺屋へ行ってきましたが、先週は三宝で「酸辣湯麺」を食べてきました。

先週土曜は仕事の合間に兄夫婦が食事に誘ってくれたので岩室の「小鍛冶屋」へ行ったのですが、
すでに予約で満席であえなく断念。で、その足で吉田にある三宝レストランへ行くことになりました。

その時注文したのがコレ、「酸辛湯麺(サンラータンメン)」。

三宝レストラン「酸辣湯麺」

酸味、辛味、とろみがうまくマッチした、僕の好きな味のラーメンでした。

これは中国の友人にも見せたい!と思い頑張ってこんな写真も撮って
中国のコミュニケーションツール「微信(WeChat)」でアップしたのですが...

三宝レストラン「酸辣湯麺」

反応は意外にもビミョーな感じでした...。

微信(WeChat)の「朋友圏」

その多くが「方便面(インスタントラーメン)みたい」ってのと、
「中国のと違うね」といった内容でした。しょうがないので
これが「日本式の」中華料理だよと返しておきましたが。苦

ちなみに僕から見ても、中国で食べていたのとは全然違いましたけどね。
でもこれはこれで美味しいので全然好きです。

ちなみにこっちの「鍋うどん」の写真は「いかにも日本風!」って
感じで大好評でした。

三宝レストランの鍋焼きうどん

家では米食がほとんどなので、外へ出るとついつい麺類に食いついちゃいます。
本当は地元巻の有名店「古潭(こたん)」に行きたいのですが、並ぶのは好きじゃないので...。

N野

コメントを残す