四川料理は多様な風味が盛りだくさん、辛いだけが四川料理ではありません。

↑サイト内記事検索↑

四川料理!

今夜は厦門で仲のいい3人と一緒に、厦門駅向かいの
ロビンソンプラザ内にある四川料理店で夕食を頂いてきました。

四川料理というと、「辛い!!」というイメージがまず浮かぶと
思いますが、じつは結構辛くない料理も多いです。

香辛料とはもともと辛さだけを出すだけでなく、香りや 香ばしさ等の
いろんな風味を加えてくれるもので、辛いだけが香辛料ではありません

廈門の四川料理屋さん!

写真の色を見ると、一番上の2つが真っ赤でちょー辛そうに見えますが、
じつはこれ全然辛くありません。それよりもその下の2つの方が辛いです。

とうがらしもいろんな辛さがあり、傾向で言うと「赤よりも青の方が辛く」、
「大きいのよりも小さいほうが辛い」です。青くてちっちゃいのは英語で
「Chili(チリ)」と呼ばれ、これがめっちゃ辛いです。

っと言ってもこれはあくまで「傾向」であり辛さにはいっつも
当たり外れが付き物ですので、辛いのが苦手な人はどうぞご注意を。

N野

  

No Comments

コメントを残す