「一期一会」。陳さん、このお言葉ありがたく頂戴しました。

↑サイト内記事検索↑

一期一会

久保田・紅寿(こうじゅ)・720mlを楽しく頂いてきました。
厦門で十年以上続いてる日本料理屋さん「桃太郎」で楽しんできました。

の続きですが、昨夜は僕が廈門を離れて新潟に戻るということで、
これまでいろいろとお世話になってきた陳さん(日本語ペラペラのイケメン!)
が企画してくれた食事会&飲み会でした。

その陳さんから帰り際に暖かい言葉を頂いて感動しちゃいました。

「一期一会」

昨夜何度も陳さんが繰り返していた言葉です。
もっと正しく深く意味を知りたいと思いWikipediaで調べてみました。

『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりの
ものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』
by千利休

平たく言うと、

『これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかも
しれないという覚悟で人には接しなさい。』

という意味のようです。

陳さんとは2004年に偶然知り合い、その後2011年にまたまた偶然の再会を果たし、
この2年間ホントにいろいろとお世話になりました。

「一期一会」

陳さんのこの言葉、ありがたく頂戴しました。
厦門か新潟か、はたまた東京か。またいずれどこかで楽しくお酒を飲みましょう!

N野

コメントを残す