「お金は万能なものではない、しかし、お金がないと何にもできない」・・・なんと言い得て妙な中国語・・・

↑サイト内記事検索↑

銭不是万能的 但 没有銭万万不能

この言葉、近年僕が厦門でよく耳にする言葉ですが、
なんかやけに強い説得力を感じてます。

「銭=お金」
「不是=ではない」
「万能=万能」
「的=~なもの、~の」
「但=しかし」
「没有=ない」
「銭=お金」
「万万=あらゆること」
「不能=できない」

そのまんま翻訳すると、

「お金は万能なものではない、しかし、お金がないと何にもできない」

う~ん、いいトコ、っていうかイタイトコをズバっと突かれてる感じがします...。
なんだかんだ言ってお金はいろんなことを実現する源になりますもんね。

お金に頼りすぎるのは良くないかもしれませんが、やっぱりなくてはならないものです。

ただ、それでも僕はやっぱり「お金を儲けるために仕事を選ぶ」んじゃなくて、
「自分ができることを誰かのために行い、その結果として」自分も報われるんだと、
そう信じていきたいです。

やっぱりその考えだけは曲げたけないですね。

N野

コメントを残す