中国「去哪儿网」の格安チケットで新潟へ帰ります(廈門-上海-新潟)

↑サイト内記事検索↑

11月2日に厦門から上海経由で新潟へ帰ります。
長く住んだ廈門を引き払い、11月からは新潟の親元で暮らしていきます。

日本で国際チケットを買うと往復じゃないと安くないイメージがありますが、
(往復8万円なのに片道だけで7万円だったり)中国では基本片道ずつ買うのが
一般的です。(日本の知識が間違ってたらゴメンナサイ!)

今回の費用はこんなになりました。

  • 廈門-上海チケット 税込490元(約8200円)
  • 上海-新潟チケット 税込2364元(約39500円)
  • トランジットで泊まる上海浦東空港内のホテル358元(約6000円)
  • 合計3212元(約53700円)

中国のチケットサイトでシェアダントツNo.1はここです。
「去哪儿网」http://www.qunar.com/

どこいくのネット

中国語で「去=行く」、「哪儿=どこ」、「网(網)=ネット」なので、
「どこ行くのネット」といったところでしょうか。

ここは言ってみればチケットサイトのモールで、性質は価格コムに似てます。
安値順にいろんなサイトが出てきて、サイトへ飛んでチケット購入って感じです。
でもこの「去哪儿网」が様々な「100%保証」を打ち出して消費者を守ってます。

非常に便利ですが今のところ中国語版しかないので、
何か内容を知りたい方がいたらいつでもお問い合わせください。

N野

コメントを残す