「お湯は百薬の長」・・・「お湯」はおそらく中国でもっとも愛飲されてる飲み物です。

↑サイト内記事検索↑

先日「4ブランドのコーヒーと微糖コーヒーの「糖分」を比較して、
微糖への切り替えを検討してみました。
」という記事の中でどうもお腹が
消化不良気味だと書きましたが、そんなとき僕はよく「お湯」を飲みます。

中国で身に付けた「おばあちゃんの知恵袋」的な習慣

中国語でお湯を「開水」と書きますが、中国の人たちは非常によく「お湯」を飲みます

中国では基本的に水道水を直接飲むことはできないため一旦沸かしてから
お湯を飲むのが一般的ですが、「お茶の文化」が発達したのもこのお湯を
沸かして飲むという習慣が発達を招いた理由のひとつでもあります。

ちなみに中国で有名なもののひとつに「烏龍茶」がありますが、僕が十年以上住んでいた
福建省は中国で一番の烏龍茶の産地なのに、実は意外と烏龍茶を飲まない人も多いんです

その代表的な理由が「胃によくないから」「夜眠れなくなるから」の2つ。
特に「空腹でお茶を飲むのは胃を傷める」とよく言います。

なのでよくみんな中国語で「水杯」と書くプラスチックやステンレス製の
キャップ付きコップを持ち歩いており、そこにお湯を補給するために空港や駅
なんかの公共の場には必ずと言っていいほど「お湯汲み場」があります。

好きな飲み物=お湯

僕が廈門に渡った2000年当初、当時大流行していた「情深深雨蒙蒙」や「還珠格格」
というドラマのメインキャストだった僕の大好きな「林心如(Ruby Lin)」の特集を
雑誌で見たとき、「好きな飲み物=お湯」と書いてあったのに驚いた記憶があります。

台湾の有名女優「林心如(Ruby Lin)」

え~!?お湯??なんて意外に思ってたら、これがけっこういろんな芸能人が
同じように答えているのが目につくようになり、そのうち中国ではお湯が好きで
お湯を飲む人が本当に多いんだと気づきました。

ちなみにこういった人たちにはコーヒーを絶対に口にしない人が多いです。

ワケを聞いてみると健康のためだったり、胃を守るためという声が多く、
逆に「なんでコーヒーなんて体によくない苦いものをわざわざ飲むんだ?」
なんてマジで聞かれちゃったりもします。

「お湯は百薬の長」

これは正式なことわざではありませんが、僕は本当にお湯は百薬の長だと考えています。
僕も何か体の調子がわるいなぁと感じたら、まずお湯を飲むようになりました。

「喉がちょっと痛いなぁ」なんて感じたら、まずはお湯を飲んで様子を見よう、って感じです。

お湯は不純物ほぼゼロなので、体の中でいろんなものを吸収して洗い流してくれます。
また、冷たい水のように胃に余計な刺激を与えるようなこともありません。

ちなみにお湯を多く飲むと、トイレがものすごく近くなるのと同時に、
お腹が空くのも早く感じられるようになります。逆にそれで新陳代謝や
排泄活動が活発になっていることを実感することができます。

ちびちびと小まめに長く飲みましょう

ちなみにお湯が体に良いといってもガブガブ一気に飲むのではなく、
一口ずつちびちびと、何度も何度も小まめに飲むのが良いようです。

口の中や喉だけでなく、鼻の中も潤ってくるのを感じることができたりしますよ。

お湯を小まめに飲むこと、マジおすすめします。

これからますます寒くなっていく日本の冬、小まめに「お湯」を飲んで
健康なまま冬を乗り切りましょう。

N野

コメントを残す