中国で近年流行っているネット用語~SNSやチャットツールで大活躍~

↑サイト内記事検索↑

先日「中国の携帯電話で使う中国語版Facebookってこんな感じです。 」という
記事で「いいね!=賛」などの中国語を少し紹介しましたが、今回は
「中国のネット用語」についてご紹介します。

日本にネット用語があるように、中国でももちろんネット用語があります。
特に近年は次から次へと増えていき、もう若~い世代のやり取りを見てると
さすがに意味が解読できない時も多々あります。

そんな中国のネット用語の代表例をいくつかご紹介

  • 木有
  • 杯具
  • 童靴
  • 小強
  • MM

どうでしょ?この中国語を見てすぐに意味がわかる人います??

ではひとつひとつ見ていきましょう

木有=没有

日本語の「ない」にあたる「没有(メイヨウ)」を文字った言葉で、
「木有(ムーヨウ)」と表現します。最もよく目にするネット用語
のひとつで、ネット以外にも会話中で使ったりもします。

親=親愛的

これは日本語の「親愛なる」にあたる「親愛的」という単語を略して、親しみやすい
表現へと変えてネット上でよく使われている用語で、「親(チン)」と読みます。

特にネットショップなど、相手の名前がわからない時に最もよく使われますが、
最近では自分の友人や同僚など身近な人を呼ぶ時にも「親(チン)」と呼ぶ人も多いです。

ちなみに僕が以前厦門で住んでいたマンションの大家さんは、
「親(チン)、支払日が来たから家賃払ってね」みたいに軽い感じで
家賃催促のショートメールを送ってきていました。

偶=我

中国語で「私」のことを「我(ウォ)」と書きますが、それを少しなまらせて
文字った感じの言葉がこの「偶(オウ)」です。主にネット上で使われますが、
会話中に女の子が使ったりすると、なんかかわいい響きになる言葉です。笑

杯具=悲劇

たった今「笑」を使いましたが、日本では他にも「苦」「涙」等がよく使われますよね。
中国ではこの「涙」「イタイ時」「悲劇(ベイジュイ)」という単語を最後に付ける
ことがあります。それを同じ読みの「杯具(ベイジュィ)」に替えたのがコレです。

ちなみに文字通り「杯具=コップ・杯」の意味ですが、今ではネット用語として
の方が多く使われてるんじゃないかっていうくらい頻繁に使われるようになりました。

童靴=同学

同級生のことを中国語で「同学(トンシュエ)」と書きますが、これに似た読みの
単語「童靴(トンシエ)」に置き換えたのがこの言葉です。文字からわかるとおり
日本語の「児童靴」の意味ですが、これもネット用語としてかなり定着してる感じです。

他にも友達を意味する「朋友(ポンヨウ)」を同じ読みの「盆友(ポンヨウ)」
置き換えたりする例もあります。

小強=蟑螂

中国語で「蟑螂」と書きますが、これは「ゴキブリ」の意味です。日本語では
漢字で「蜚蠊」って書くんですね。Wikipediaで見て初めて知りました。

中国で「〇〇くん」とか「〇〇ちゃん」と呼ぶ時に、苗字や名前の前に
「小(シャオ)」を付けます。「張くん=小張」「香ちゃん=小香」といった感じです。

このようにして、「小強=強くん」となりますが、ゴキブリのことを
「強くん」と呼ぶこのネット用語、なんかかわいいですね。

MM=美眉

中国語で「かわいい女の子」のことをネット用語で「美眉(メイメイ)」と書きますが、
その「メイメイ」の頭文字を並べて略したのがこの「MM」。正直なところ、
ちょっといかがわしいサイトで使われたり、少しイヤラシイような意味合いも持ってます。

ちなみに「男性」「哥哥(ガーガ)=兄」の頭文字を取って「GG」になりますが、
こちらは「かっこいい」とかといった意味合いはさほど持たない場合が多いですね。

賛=頂=いいね!

最後がこれ、先日の記事でも書いた「賛(ザン)=いいね!」です。
同じ意味でもうひとつよく使われるのが「頂(ディン)=いいね!」

このふたつはFacebookやQQ、微信(WeChat)などのコミュニケーションツール
非常によく使われますし、中国のネット用語の代表格のひとつですね。

コミュニケーションにぜひ役立てましょう!

これらはあくまで中国のネット用語の中では僕でさえ知っている基礎中の基礎
と言えるものです。が、たとえ少しだけでも知っておいて損はない便利な用語です。

ちなみに中国では社内や同僚はもちろんのこと、お客さんや取引先なんかとも
こういったQQや微信(WeChat)などのコミュニケーションツールを普通に使います。

もし身近に中国人の知り合いがいたり、中国の方々と 接する機会のある方は
一度試しに使ってみてはいかがでしょうか?

カタイ言葉で挨拶するより、軽い感覚でこんな用語を使ってみると
コミュニケーションを深める良いきっかけになると思いますよ!

N野

No Comments

コメントを残す