厦門「夢限(むげん)」の店長さんを見習ってがんばらなきゃ。

↑サイト内記事検索↑

11月2日に厦門から新潟へ戻り、やっとこさ実家の家業に
本格的に専念することになりました。

さて、昨日ちょっと教えを請いにお客さんのところへ行ってきました。

その方には2008年に厦門へ来て頂いたことがあるのですが、昨日おしゃべり
してた時に、「あの子は元気か?」という話題になりました。

その「あの子」とはもう10年来の付き合いで、僕が厦門で就職していた頃に
僕の代わりに親父の通訳をしてもらっていた子です。

もともと日系大手化粧品メーカーで通訳をしていた子で、日本語も上手。
純粋でまじめな子ですが、今では厦門で日本人にけっこう評判の
「夢限(むげん)」というお店の店長をやってかなり成功しています。

その「夢限」というお店、日本語を話せるスタッフがいる軽い飲み屋さん
って感じですが、アットホームというか安心してホッと息抜きできる場所
といった位置づけで、今では厦門で一番と言える日本人向けの飲み屋さんです。

2008年にその子の姉夫婦が石の貿易で蓄えたお金でお店を開くことになり、
その子がお店の現場を任されると聞いた時は「きっと長続きしないんだろうなぁ」
なんて正直思ってましたが...まさかたった数年でここまで成功するとは...。

昨日そのことを思いながら、僕も負けてられないなぁなんて思いました。
彼女を見習って事業を成功させられるようこれから新潟で頑張っていきます!

N野

コメントを残す