飛行機に乗るときは重量制限にご注意を...

↑サイト内記事検索↑

重量オーバー=超重

今日厦門から上海浦東空港へ飛んできましたが、全部で約50kgの荷物を持ってきました。

2000年に厦門にわたって以来、何度も味わってきたこの重さ×キツさ、
今回は今までで一番重くてキッツイと言える荷物たちです。

何がそんなに重いかというと、うちの製品です。年末商戦で品薄になった
商品をいち早く、しかも安く届けるためにオヤジに頼まれました。

しかも今回は全部ステンレスのバカ重い製品...包丁10丁で約10kg、
違うステンレス製品が約15kg。包丁は安全検査でも絶対開けられるから
包丁を運ぶのはキライです...。

厦門⇒上海浦東空港で、スーツケースが僕の計算を超えて26.4kgもありました。
今回乗った飛行機の預け荷物の重量制限は22kgまで、4kgオーバー×14元/kgで、
56元(約950円)の超過料金を取られました。

すでにリュックに約15kg、パソコンカバンにも約10kg詰め込んであったし、
まぁ1000円程度なら高くないなと思ってそのまま払いました。

問題は明日の上海⇒新潟便です。国際線は超過料金高いし...。

なので、さっきスーツケースから4kg取り出してリュックに詰め込みました。
明日は約20kgのリュックと約10kgのパソコンカバンを担いで新潟へ飛びます...。

2002年にリュックに石臼を詰め込んででっかいスーツケースを引っ張って
渋谷を歩いてた自分の姿が懐かしいです...。

N野

コメントを残す