「5201314」=「あなたを一生愛します」・・・中国語にも当て字がいっぱいあります。

↑サイト内記事検索↑

一昨日厦門を離れる時、仲の良かった友達から空港で
こんなものをもらいました。けっこう高いものっぽいです。

2013-11-02 00.16.19

先日も「玉髄(ぎょくずい・カルセドニー)なんて宝石全然知りませんでした。
なんていう記事を書きましたが、やっぱりこういうのっていざもらってみると
うれしいもんなんですね。ちょっと初めて味わう感覚です。

僕も事前に何かあげたいなぁと思ったのですが、僕はもともとモノが
ものすごく少ないやつなんで何にもいいものが見当たりませんでした。

唯一思いついたのが「日本のお金」。先日偶然ポッケにあった台湾ドルを
その子にあげたら「初めての外国のお金だ~!」みたいに喜んでくれたので、
じゃあ今度は日本円をあげよう!と考えました。

ところが...あいにく手持ちの日本円はこれだけ...

japaneseyen

何とかこじつけでいい話に持っていこうかなとあれこれ考えてると、
なんと下の3枚を並べると平成「13・14・17」年になることを発見!

ちなみにこの数字見てピンとくる人なんています???

中国でも数字の音や意味で「当て字」を使ったりなんかしますが、
「1314」というのは中国語の「一生一世(一生・生涯の意味)」を表します。

そして「17(イーチー)」という数字が日本語の「一緒」を意味する
一起(同じくイーチーと読む)」を表します。

すなわち、「13・14・17=一生一世一起=僕らは一生一緒だよ」という意味を表します。

偶然なこじつけのようですが、場面が場面だったこともあり、
僕が思っていた以上に喜んでもらえました。

貨幣価値で言えば今ではビックリマンすら買えないたった30円の価値ですが、
それに意義を与えることにより、僕と友達との間に感動を生むことができました。

この子は情に厚く、彼氏も一緒に3人でよく仲良く遊んでたので、
この10円玉のように、これからもずっと仲良い関係を保っていきたいです。

ちなみに、他にも有名なのが「520=我愛你=愛してる」です。先ほどの1314と並べて、
「5201314=我愛你一生一世=あなたを一生愛します」なんて使ったりします。

さらにちなみに、去る2013年1月4日は、「5」が足りなかったものの、
「201314=愛你一生一世」と見事に数字が並び、恋人たちが盛り上がってました。

最後にもう一つ、11月11日は「1」がいっぱい並ぶので「独身デー」となって
独身の若者が盛り上がります。この辺はある意味商売用に考え出されたような
感じも否めませんですがね。

N野

コメントを残す