2014年1月31日は太陰暦の2014年1月1日、中国ではこの日が「正月」です。

↑サイト内記事検索↑

madaogongcheng1

前日に「2014年1月30日は太陰暦の2013年12月31日、中国ではこの日が大晦日です。
という記事を書きましたが、前日が大晦日、ということは今日2014年1月31日は
太陰暦の2014年1月1日、正月にあたります。

中国では今でも太陰暦が重んじられており、いわゆる「新年」と呼ばれるのは
日本で言う1月1日の元旦ではなく、太陰暦の1月1日です。

一般的に「春節」「過年」と呼ばれ、日本語では「旧正月」と呼んだりしますが、
ちなみにこの太陰暦は太陽暦とは違うサイクルで進むため、太陰暦の1月1日は
太陽暦で言うと毎年異なる日になります。

前日の記事に書いたとおり、この時期中国はかなりにぎやかになりますが、
昨夜の年明け直後頃から僕の中国ケータイもかなりにぎやかになってます。

友人に許可をもらってそこから数枚写真を拝借。

まずは「花火」。大晦日の夜頃からあちこちで打ち上げが始まり、
12時を回って日付が変わる頃にピークを迎えます。

20140101a

20140101b

20140101c

次は「年越し餃子」。やっぱりいましたこれ作ってる人。
中身に数枚入れられた小銭に当たったら新年は運気抜群です!

中国の年越し餃子

そしてひと晩明けたあとの市場の様子。地方によって異なりますが、
正月に豪華な家庭料理を作る地方ではこんな感じで市場がごった返します。

20140101e

「圧歳銭」と呼ばれる日本でいうお年玉です。いっぱい数を揃えないと足りません。

20140101f

そして僕が長く住んでいた福建省の厦門(アモイ)市は、外来人口が多いため
大勢の人が帰省したあとは見事なほどにガラガラになってます。

20140101h

20140101i

夜になると料理屋さんはいかにもって感じの中国らしい装飾が多くなります。

20140101g

そして文字でも画像でも一番目に付いたのが今年の干支である「馬」
その中でも「馬上〇〇」なんてのがよく目に付きました。

madaogongcheng

「馬上」という単語は、中国語で「すぐに」という意味を表す副詞です。
が、この「すぐに」と「馬の上」というのを掛けて、馬の上に好きなものを書いて

「馬上有銭=すぐにお金があるようになる」
「馬上有車=すぐに車があるようになる」

という縁起の良い言葉として使ってます。

それと先日「2014年は午年、「馬到成功」精神で頑張りましょう!!」という
記事で書いた「馬到成功」の文字。これもとにかくいっぱい目にします。
(※詳しくは上の先日の記事をどうぞ。ちなみにコレ、「馬到成功」でも
「馬到功成」でもどちらでも使えます。

僕は今新潟で暮らしてますが、この中国の新年に当たる2014年1月31日に、
ネットショップで掲げていた大きな目標をひとつクリアできました。

せっかく縁起の良い言葉もあちこち飛び交っているので、これにあやかって
運気をもらえたことにして、また引き続き頑張っていきます!

最後に、祝各位新年快楽!!

N野

コメントを残す