先輩への感謝・・・2013年12月2日、N野は社会人デビュー10周年を迎えました。

↑サイト内記事検索↑

12月2日、毎年この日になると必ず思い出すことがあります。

2004年12月2日、僕が始めて正式に就職した日です。
そう、あの「ダマされた感120%」で始まったあの日からちょうど10年が経ちました。

福建省にある厦門大学の先輩が働いてた会社へ、その人の仕事を引き継ぐような形で 入社。
行ってみると場所は厦門市内から車で1時間、工場内の寮に住み込み、 トイレ&シャワー
は共同...あれ、事前に聞いてた話と全然違うんですけど...。

そんなマジで凹んでた若かりし日の僕に気を使って外へ連れ出してくれた先輩。
交通手段はバイクタクシーに4人乗り、振り落とされないように先輩のぷよぷよ
したお腹を掴むのに必死だったあの寒かった夜。

近くの街に着いてみたら4元(約70円)のバイタク代を4人で1元ずつワリカンする先輩。
あの懐かしい夜の記憶は今でも僕の脳裏に鮮明に残っています。

入ってみるとその会社はかつて冷凍枝豆で世界一のシェアを誇っていた、アメリカで
「キングオブ枝豆」と呼ばれた社長が率いる歴史ある大手冷凍野菜メーカーでした。

初日こそダマされた感にやられてしまいましたが、おかげで仕事には順調に適応し、
約5年間その会社でお世話になり、その後も業界で計約10年間活躍することができました。

昨年脳梗塞で倒れてしまった先輩。だいぶ前に沖縄に戻りリハビリ中だと聞きました。
今はもう元気に回復したでしょうか?

僕は今新しい道を進み始めてますが、10年前にダマシダマシながら
僕を引き込んでくれた先輩、ホントに感謝してます。

いずれ沖縄まで会いに行きます。
僕の感謝の言葉を聞く日まで、元気な姿で待っていてください。

N野

コメントを残す